「葬祭扶助制度」とは生活保護受給者の方が亡くなったときなどに受けられる葬儀費用の自治体負担のことをいい、この制度の適用を受けた場合にはご遺族の葬儀費用のご負担は無料となります。

葬祭扶助を受ける条件

・生活保護受給者が亡くなられたとき

故人が生活保護受給者であっても、葬儀を行う方(ご遺族・周囲の方)に葬儀費用の支払い能力がある場合には適用されません。

・生活保護受給者が喪主となる場合

故人は生活保護を受けていない場合、故人の遺した遺留金が葬祭費に満たない際は残りの部分について葬祭扶助が適用されます。

「葬祭扶助制度」の適用を受ける場合には、「お葬式の前」に必ず申請を行なう必要があり、地域の民生委員の方やケースワーカーの方などに相談して申請してください。

支給額

各自治体によって基準や支給の金額は異なりますが、基本的には必要最小限の金額しか支給されません。

目安大人212,000円以内 子ども169,600円以内

詳しくはお近くの自治体へお問い合わせください。

葬祭費扶助制度を利用したご葬儀の依頼はメモリアルプランナーみはしにお任せください!
親切丁寧に真心を込めてお手伝い致します

もしもの時のご依頼

24時間365日受付対応
深夜・早朝でもお電話ください

  • 急なことでどうすべきかわからない
  • 病院から搬送を急がされている
  • 病院から葬儀社を紹介されたが不安

まずはお電話にてご相談ください。

すでに他の葬儀社でご遺体を搬送された後でもご依頼可能です

女性写真
葬儀専任のオペレーターが電話対応をしているイメージ

葬祭費扶助制度を利用したご葬儀の依頼はメモリアルプランナーみはしにお任せください!
親切丁寧に真心を込めてお手伝い致します

もしもの時のご依頼

24時間365日受付対応
深夜・早朝でもお電話ください

  • 急なことでどうすべきかわからない
  • 病院から搬送を急がされている
  • 病院から葬儀社を紹介されたが不安

まずはお電話にてご相談ください。

すでに他の葬儀社でご遺体を搬送された後でもご依頼可能です

もしもの時のご依頼の流れ

メモリアルプランナーみはしにお任せください
親切丁寧に真心を込めてお手伝い致します

まずはお電話ください

スタッフが24時間待機しております。深夜・早朝であっても迅速に対応いたします。もしもの時には慌てずに0120-056-384までお電話ください。その際、生活保護のお葬式を希望されることを専門スタッフにお伝えください。
※生活保護を受給されている方は、民生委員の方やケースワーカーの方にもご連絡ください。

葬儀の専門スタッフがご指定の場所にお迎えに参ります

※医師より「死亡診断書」を必ずお受け取りください

病院、施設、警察署どこへでも
お迎えに参ります。

安置場所にご遺体を安置します

ご自宅でご安置または、安置施設にてお預かりすることも可能です。ご希望の安置先をお選びいただけますので、専門スタッフにお申し付けください。

葬祭扶助申請を行います
※お客さまがお手続きを行います

自治体の福祉課へ行き、葬祭扶助が適用されるかご確認・申請をしてください。喪主が生活保護受給者の場合比較的比較的スムーズに申請が受理されます。福祉課にて葬祭扶助受理された場合、扶助証明書(3枚複写)を発行してもらえます。 この書類をメモリアルプランナーみはしまでご持参下さい。

ご葬儀のお打ち合わせ

葬祭扶助制度を利用した場合、通夜・告別式を行うという一般的なご葬儀は認められておらず、支給される葬祭費の金額は上限が定められているため必要最小限の火葬のみを行うことになります。公費による火葬は、斎場により件数制限を設けているため、火葬日まで数日かかる場合があります。
※土日祝日の場合は、福祉課の確認が取れないため、ご火葬日時の決定は後日となります。

ご火葬を行います
火葬場にてご火葬いたします。お立会い希望の場合は、火葬場に皆さま集合してください。
ご葬儀後に弊社が自治体へ葬祭費の手続きを行います
手続き完了後に自治体より葬祭扶助として葬祭費を弊社にお振り込みいただけます。ご遺族の葬儀費用のご負担は無料となります。

ご葬儀に関するQ&A

もしもの時には、どうすればよいですか?

もしもの時には、どうすればよいですか?
A.スタッフが24時間待機しております。もしもの時には慌てずに0120-056-384までお電話ください。病院、施設、警察署どこへでもお迎えにあがります。必要なお手配やご案内は全てスタッフが行いますので、お客様にご負担をかけることはございません。

自宅でご安置できないのですが、どうすればよいですか?

ご自宅でのご安置が難しい場合は、提携式場の安置施設にてご遺体をお預かりすることも可能です。

葬祭扶助の申請は、いつ申請すれば良いのでしょうか?

ご逝去して間もなくお手続きが必要となります。ご葬儀後の申請はできません。

葬儀の形式は火葬のみしかできないのですか?

生活保護法の第18条第1項に葬祭扶助で行う葬儀の範囲が定められており、第4号「納骨その他葬祭のために必要なもの」で記載されているように、生活保護葬は定められた必要最低限の内容しかできないようになっています。よって、葬祭扶助で行う葬儀は、故人さまを棺に納め、火葬場で火葬するだけで、読経するお坊さんもいないことがほとんどです。

葬祭費のお支払いはいつすれば良いのでしょうか?

葬祭扶助制度を利用した場合、葬祭費は葬儀後に自治体から葬儀社にお支払いされます。ご遺族の葬儀費用のご負担は無料となります。

   

\ご葬儀の事前相談は無料です/
お気軽にお問い合わせください

事前のご相談で葬儀費用10,000円割引

資料請求をする(無料)お葬式の詳しい資料がほしい

喪主として考えておくお葬式の知識や挨拶などを簡単にまとめてみました。はじめての喪主として、きっと役に立つ基礎知識と役割を紹介します。

喪主として考えておくお葬式の知識や挨拶などを簡単にまとめてみました。はじめての喪主として、きっと役に立つ基礎知識と役割を紹介します。

ご葬儀の事前相談

「お葬式のこと、相談してよかった!」と、無料で相談ができる葬儀事前相談は、皆さまにご好評いただいております。葬儀の知識がなく一から相談したい、お葬式の費用の概算を知りたいなど相談の内容は様々。お葬式についての不安や疑問を解消いたします。わたしたちスタッフにご相談ください。

ご葬儀の事前相談

「お葬式のこと、相談してよかった!」と、無料で相談ができる葬儀事前相談は、皆様にご好評いただいております。葬儀の知識がなく一から相談したい、お葬式の費用の概算を知りたいなど相談の内容は様々。お葬式についての不安や疑問を解消いたします。わたしたちスタッフにご相談ください。

\友だち登録するだけで/
お得なクーポンがもらえる!

仏事に関する全てを一箇所でスムーズに

東京都・埼玉県にショールームを完備しており、ショールームには仏壇・仏具・位牌・手元供養など多数展示しており、ご葬儀後のお香典返しのご相談や今選ばれている人気墓地(樹木葬・納骨堂・霊園)などお墓のご提案まで、きめ細やかなご対応で、最高の商品とご満足いただけるサービスを提供しております。

お墓をさがす
香典返し・返礼品
お仏壇をさがす
ショールーム
よくある質問