「国民健康保険」または「後期高齢者医療保険」に加入している方が死亡したとき、葬儀を執り行った人に対して、「葬祭費」として一定の金額が支給されます。東京23区の支給額は50,000~70,000円となり、市区町村によって支給額は異なります。埼玉・千葉・神奈川の市町村は概ね50,000円です。

手続きに必要なもの

・印鑑
・亡くなった方の「保険証」または「後期高齢者医療被保険者証」
・葬儀社が発行した、あて名と内訳がわかる領収書、または会葬礼状
・葬儀を行った方の通帳
・葬儀を行った方の認印(朱肉を使う印鑑)

葬祭費の支給方法

葬祭費は、手続き終了後に葬儀を行った方の銀行口座に振り込みます。

葬祭費の申請期限

葬儀をした日の翌日から2年を経過すると、時効となり支給されませんのでご注意ください。

葬祭費補助金の受給までの流れ

葬儀を執り行う
自治体に手続きに必要なものを持参する
葬儀を行った方の口座に自治体から葬祭費7万円がお振りいただけます

お問い合わせ先

各地域の自治体にご連絡してください。

「社会保険」に加入している方が死亡したとき、被保険者の勤務先を管轄する社会保険事務所(勤務先が手続きをしてくれることもあります)または健康保険組合に葬儀後2年以内に手続きをすることで「埋葬料」「埋葬費」「家族埋葬料」のいずれかが支給されます。
・被保険者の家族が埋葬した場合 5万円
・被保険者の家族以外が埋葬した場合 上限5万円(実費分のみ)
・被扶養者が死亡し埋葬した場合 5万円

手続きに必要なもの

・印鑑 ※被保険者が死亡した場合は住民票が必要
・亡くなった方の「保険証」
・葬儀社が発行した、あて名と内訳がわかる領収書、または会葬礼状
・死亡を証明する事業所の書類
・葬儀を行った方の通帳
・葬儀を行った方の認印(朱肉を使う印鑑)

葬祭費の支給方法

葬祭費は、手続き終了後に葬儀を行った方の銀行口座に振り込みます。

葬祭費の申請期限

葬儀をした日の翌日から2年を経過すると、時効となり支給されませんのでご注意ください。

葬祭費補助金の受給までの流れ

葬儀を執り行う
保険事務所に連絡し、必要事項の説明を受ける
申請用紙に記述し給付金の申請をする
保険事務所から給付金が支払われる

お問い合わせ先

社会保険所もしくは勤務先の健康保険組合までご連絡ください。

\お得なクーポン配布中/
お仏壇・お墓・香典返しなどご相談ください!

仏事に関する全てを一箇所でスムーズに

東京都・埼玉県にショールームを完備しており、ショールームには仏壇・仏具・位牌・手元供養など多数展示しており、ご葬儀後のお香典返しのご相談や今選ばれている人気墓地(樹木葬・納骨堂・霊園)などお墓のご提案まで、きめ細やかなご対応で、最高の商品とご満足いただけるサービスを提供しております。

お墓をさがす
香典返し・返礼品
お仏壇をさがす
ショールーム
よくある質問